くじ販売.jpブログ

くじ販売.jpスタッフによる三角くじにまつわるお話を公開!

Amazonがワインの低温倉庫を稼働し「保冷お届けサービス」を開始

2015年08月18日(火)| 時事ニュース

スクリーンショット 2015-08-18 16.28.00

こんにちは!
システムのカワノです☆

今や無くてはならない物としてECサイトの存在がありますが、ECサイトも飽和状態になってきており同じ商品を扱うお店が増えて参りました。
そんな中で各ECサイトもオリジナリティーを出し、他の店舗との差別化を図ろうとしています。

ECサイト大手のAmazonですが、このたび新サービスを開始するというニュースがあったのでご紹介。

アマゾンは8月18日、Amazon.co.jpが直販するすべてのワインを一定の温度帯で管理する「低温倉庫」の稼働を始めたとのこと。
配達時にも温度管理する「保冷お届けサービス」(1回税込300円)も同時にスタートしたとニュースで書かれておりました。

説明を引用すると

低温倉庫では、20度を目安とした一定の温度帯でワインを保管・梱包することで、ワインの味わいや品質を保てるとしている。
高価なワインは低温倉庫内の温度17度・湿度70%のワインセラーでさらに徹底管理する。
保冷お届けサービスは、定温倉庫から出荷したワインを温度管理した状態で指定の届け先まで輸送するもの。
5~9月にかけての夏季は同サービスの利用を推奨している。

とありました。

私はワインを飲まないのであまりピンと来ないのですが、ワインが通販で買え、その上品質を落とす事無く手元に届くとなると、ワインにこだわりを持っている層には最適なサービスと言えるのではないでしょうか。

商品で差別化を図るのではなく、商品の管理や配送の仕方で差別化を図るという手法はとても勉強になります。

「どうすればお客様は喜ぶのか?」

という事を考えながら色んなサービスを展開していきたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

10 − eight =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください