くじ販売.jpブログ

くじ販売.jpスタッフによる三角くじにまつわるお話を公開!

バレンタインとくじの意外な関係

2017年02月07日(火)| くじ関連, イベント関連

今回担当のエガワです。

早いもので今年も1ヶ月が過ぎてしまい、来週はバレンタインデーですね♪

 


 

早速ですがバレンタインの由来から

 

3世紀のローマ帝国では、兵士たちが自分の家族や愛する人を思い、

戦う気力が落ちることを心配した皇帝クラウディウス二世が若者たち

の結婚を禁じていたそうです。

 

ところがキリスト教の司祭だったバレンティヌスがかわいそうな兵士たちを憐れみ、

内緒で結婚式を行っていました。

 

それが皇帝に知られてしまい、バレンティヌスにローマ国教に改宗を命令しました。

しかし、バレンティヌスは皇帝の命令に屈しなかったため、投獄され、最終的には

処刑されてしまったそうです。

 

この処刑された日が2月14日だったそうです。

 

時は流れ、ローマでは、毎年2月14日に未婚の女性たちの名前が書かれた紙を集め、

未婚の男性がその紙を引き、紙に書かれた名前の女性と付き合うという伝統的なお祭りが

ありました。

 

その当時は「くじ引き」で付き合う人を決めていたんですね。

 


 

後に風紀の乱れを懸念したキリスト教はこのお祭りを廃止し、キリスト教の殉教者を

祀るお祭りにすることを定め、そこに選ばれたのが恋人たちのために命を落とした

バレンティヌスでした。

 

それ以降2月14日は恋人たちがカードや花束を贈り合う日として定着しました。

 

バレンティヌスを英語読みするとバレンタインになることから2月14日がバレンタインデーになったと言われています。(諸説あるようですが)

 

くじ引きで付き合う人を決めていた時代があったとは・・・。

 

しかし、くじがこんなに昔から行われていたことに驚いています!

 

是非皆さんもくじを使ったイベントを検討してみてください。

 

くじのご用命はこちらまで→ くじ販売.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください